浜名湖スター(鰻)うなぎならフルハシまでお気軽にご相談ください!

トップ  »  浜名湖うなぎ  »  浜名湖鰻の魅力

浜名湖鰻の魅力

鰻の養殖発祥の地「浜名湖」

健康長寿

東京深川にてウナギの幼魚育成に成功した経験を持つ服部倉次郎が、浜名湖にやってきたのは明治20~30年代でした。 本格的に鰻の養殖を始めるには、浜名湖が最適な環境だと目を付け、当時川に戻されたり捨てられたりしていた体長15㎝程の幼魚(クロコウナギ)からの養殖を始めたのです。 大正時代後期になると、身体が透き通った稚魚(シラスウナギ)からの養殖ができるようになりました。 浜名湖鰻の養殖は見る見るうちに盛んになり、約8haから始まった養鰻池から数百件もの養鰻場が立ち上がりました。 その波は静岡県の大井川流域にまで広がり、静岡県産鰻だけで全国生産の4分の3を占めるまでになりました。 しかし太平洋戦争、オイルショック、安い中国産鰻の大量流入、都市開発、稚魚の激減等の影響を受け、昭和57年頃を境に生産量トップの座を退く事になったのです。

生産量を減らしたからこそ得た「最高品質」

浜名湖フルハシスターうなぎ

現在の浜名湖を始めとする静岡県産鰻は、生産量全国4位に留まっております。 裏返せば、数々の荒波に揉まれても生き残る事ができた浜名湖養鰻場は、精鋭中の精鋭といえます。

浜名湖全体で緻密な連携も取っており、一丸となって切磋琢磨して得た技術と味は、今なお最高峰を走っていると自負しております。 事実、浜名湖鰻は2016年度ブランド水産品バイヤー調査で、「鰻」として唯一ランクインしております。

浜松市が鰻の蒲焼にかける一世帯当たりの年間支出額が近年においても日本一である事もそれを裏付けています。 「浜名湖は養鰻の歴史日本一!」 その伝統と重みは今も強い輝きを放っております。

フルハシは静岡県最大級の老舗養鰻場です

養鰻業老舗 フルハシ

そんな浜名湖鰻の歴史と伝統は、有限会社フルハシも大柱の一つとして支えて参りました。 弊社は浜名湖東岸にて鰻の養殖を営んでおります。 創業者である古橋秀雄は、昭和43年7月9日、前身の丸秀養魚を立ち上げ、同年7月12日に正式に会社として設立しました。 当時の主流は路地池養殖でしたが、昭和45年頃に鰓腎炎で浜名湖鰻全体が壊滅的被害を受けました。 この窮地を脱するべく、一年かけて開発した弊社の技術がハウス養殖です。 路地池をハウスで囲み温室にして養殖する事で、激しい気候の変化を軽減し、水質も水温も安定します。 元々鰻は温かい場所で良く育つため、少ない池面積でも大量飼育が可能になりました。 ハウス養殖はその後全国的に広がり、現在の養鰻業の主流となっております。 その後、弊社は2代目を託された古橋元治の手腕により浜名湖を代表する生産者にまで成長し、静岡県トップクラスの生産量を誇るまでになりました。 当時は21.26㎡しかなかった池の敷地面積も、現在は約5000坪にまで広がっております。

メディアからも紹介されています

浜名湖フルハシ養鰻スタッフ

多くの方に支えられながら、今尚成長を続ける有限会社フルハシ。 あくまでも弊社の本業は養鰻であり、日常的な小売は行っておりません。 一般客向けではない会社ではございますが、それでも数々のメディアに取り上げて頂いております。 スターうなぎとして取り上げて頂いたNHK「ひるブラ」(2016年)を始め、テレビ東京の「アド街ック天国」(2002年)や「世界が注目 ニッポンの凄腕漁師」(2015年)でもご紹介頂いております。 他にも地元で愛され続けているローカルニュース番組から、誰もが知る長寿番組まで、幅広く出演させて頂いております。 多くの方に弊社を知って頂き、大変嬉しく思います。本当にありがとうございます。 今後とも精進を重ねて参りますので、有限会社フルハシと浜名湖鰻をどうぞ宜しくお願い致します。

会社概要

商号 有限会社フルハシ
所在地 〒431-0101 浜松市西区雄踏町山崎4193-8
代表者 取締役 古橋元治
資本金 300万円
設立 昭和43年7月
社員数 6名
電話番号 053-592-1001
FAX 053-592-8689
E-mail furuhashi@hamanako-starunagi.com
業務内容 浜名湖鰻の養殖・出荷
年間出荷量 約150t
備考 社員全員で池で鰻の世話に当たる事が多々ございます。
そのため、状況によりお電話に出られない事がございます。ご容赦下さい。


浜名湖スターうなぎ 養鰻業 有限会社フルハシ
住所:静岡県浜松市西区雄踏町山崎4193-8
電話 053-592-1001 FAX 053-592-8689